急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > そう難しくはない弔電を送る手順

そう難しくはない弔電を送る手順

 知人や友人などが亡くなり、本来ならば葬儀に参列したいところ、どうしても都合がつかずに伺うことができないということもあるかもしれません。または、亡くなったことを知らずに後になって知った場合も当然のことですが葬儀に参列することはできません。そんなときに気持ちを伝えるには、弔電というお悔やみの電報を送る方法があります。
 葬儀に参列できない場合でも、後から知った場合でも、電報を送るならばなるべく早くに申し込むほうが良いでしょう。電話で申し込むのが一般的ですが、インターネットを利用することもできます。その場合は24時間申し込みが可能で、台紙の種類も確認することができます。
 申し込む前にはお届けさきの住所と受取人の氏名、お届けする日、電報のメッセージと差出人の氏名をあらかじめ準備しておくと申し込みもスムーズにいきます。そして、電報の台紙の種類も決めておく必要があります。
 最近の電報には様々な台紙が用意されています。刺繍や押し花をはじめとして、お線香や枯れない花として人気があるプリザーブドフラワーなどもあります。


 電話からの申し込みの手順は、電話をかけてあらかじめ準備している届ける相手の住所や氏名などを伝えて、使用する台紙を選びます。
 電話の場合は午前8時から午後10時まで受け付けていますが、申し込む時間によって配達の時間が変わってきます。午後7時までなら当日中に配達してもらえるようです。インターネットからの申し込みは、サイト内で申し込みの手順に従って必要事項を入力していきます。
 料金は、選んだ台紙料金とメッセージの文字数分の料金を合わせた金額になります。台紙の一覧などを見るとそれぞれの料金が記載されていますが、これは台紙のみの金額で、メッセージの料金は含まれていないことを注意する必要があります。メッセージの料金は、文字数だけではなく漢字を使用する電報とかな文字の電報の違い、慶弔扱いと一般の扱いでも異なります。


 弔電を送る手順は難しいことはありません。どんな言葉で伝えればいいのかを迷う場合には、様々な文例も用意されています。文例中の空欄に故人となった方の名まえなどを当てはめて申し込むことができます。
 また、電話なら直接質問することもできます。できるなら用意されている文例に自分なりの言葉を少し加えることが望ましいようです。お悔やみの気持ちを表す自分らしい言葉を添えるほうが、心がのこもった弔電になるでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP