急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電とは葬儀に参列出来ないがための電報です

弔電とは葬儀に参列出来ないがための電報です

弔電とは、葬儀に参列出来ない場合に、電報として亡くなられた方に、そしてそのご遺族のために贈る電報です。
冠婚葬祭と言う意味で、結婚式や葬儀のためのメッセージカード的な用途で使用されています。
そのセレモニーとして相応しく、デザインにかなりの工夫を凝らして作成されているのが現代の電報です。
決して派手ではないですが、亡くなられた方のために、そして遺族の今の心の状態を鑑みてのデザインと言う事になっています。
明るい色で仕上げられている訳では決してなく、出来うる限り、哀しさを慰めてくれると言う意味合いを持っての優しい人の真心が感じ取れる電報となっています。
亡くなられた方のためのお悔やみの言葉で記されているメッセージは哀しみに包まれている言葉ですが、けれども、その言葉の中には、生前のその人に対しての敬意を表する言葉が込められています。



弔電は関係性や故人の役職によって異なる

個人だけでなく、企業としても弔電を打つことになる場合は珍しくありません。
この場合、自社と対象となる故人との関係性を考慮し、適切な文章を考える必要があります。
インターネット上で弔電を送ることができるサイトでは、企業側が故人へ送る事ができる例文も多数掲載されているので、利用すると便利です。
特に必要とされているポイントとしては、インターネットでも複数のサイトがある為、どのサイトを使って送るか、といえるでしょう。
大手企業で取引先が多ければ多いほど、祝電や弔電を打つ機械は少なくありません。
効率よく経費節減ができるよう、毎月どれくらい送るのか、どれくらい費用がかかるのかを確認し、必要といえるリョウだけ安くなる企業の情報を確認してください、必要といえるポイントを把握しておく事が、よりよい結果につながるといわれています。



弔電を送るタイミングと注意点とは

人は誰もが必ず最後の時を迎えることになり、それはいつかわかりません。
葬儀は急遽執り行われるため知らせを聞いても都合が悪くて参列することができないということも珍しくはありません。
葬儀に参列することができない場合でお悔やみの気持ちを伝える際に役立つのが弔電です。
前日や当日でも届けてもらうことができ、大変役立つ存在ということは確かですが、送る際にはマナーには十分気をつけておかなくてはなりません。
その中でも送るタイミングには気をつけるようにしましょう。
通夜に間に合わせるべきですが、間に合わない時には遅くても告別式が始まる一時間前には会場に届くようにしておかなくてはなりません。
告別式に間に合わない場合には、無理に弔電を送るべきではなく、違った形で後々お悔やみの気持ちを伝えるようにしたほうがスムーズてす。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP