急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電の本来の意味を知った上で利用しよう

弔電の本来の意味を知った上で利用しよう

 弔電とは本来通夜や告別式に参加できない事情のある方が、故人へのお悔やみの意を伝えるために送るもの。ですから基本的には告別式までに間に合うように葬儀が執り行われる場へと送らなくてはなりません。
電話を通じてオペレーターに伝えたりインターネットを活用したりと、弔電を申し込む方法は幾つかあります。気持ちを自分の文字で伝えたいという場合には、手書きのメッセージを送ることも可能です。インターネット形式の場合には例文を見ながら入力することもできます。文字数制限があるタイプも多いので、事前にチェックしておくとスムーズに送れます。
喪主宛てに送るのが一般的ではありますが、関係の深い遺族に送っても何ら差し支えはありません。気になるようであれば両方の宛名を併記するのも良いでしょう。その際故人に対する敬称は喪主、もしくは宛名に記した遺族から見たものを使用するようにしてください。


弔電を送るときに確認しておきたいポイント

 訃報が届いたけれど様々な事情で葬儀に参列できない場合は、お悔やみの気持ちを込めて弔電を送ります。弔電を初めて送るときは、どのように送ったらいいのか迷うことがあるかもしれません。あらかじめ気を付けたいポイントを押さえておき、失礼のないように送りましょう。
事前に確認しておきたいポイントは、まず葬儀や告別式が行われる日時と場所です。斎場で行われるときは斎場を送り先にし、自宅で行われる場合は喪家を送り先に指定しましょう。また、故人の名前と喪主の方の名前もあらためて確認しておくことも重要です。お悔やみ文は、故人への気持ちを自分なりの文章にするのもよいですし、どのような文にしたらよいか迷ったときは弔電の文例を参考にするとよいでしょう。ちなみに、台紙はお悔やみの気持ちを届けるのにふさわしいデザインが豊富に取り揃えられていますので、お好みに合わせて選んで申し込めます。


突然やってきた悲しみには弔電を

 結婚式などのお祝いの席の披露宴のアナウンスは、遅くても開催予定の3ヶ月前までには、出欠の案内が届き、きちんと先方に回答した上で、両社スケジューリングして行きますが、人の命のともしびだけは、どうにも都合よく管理する事は出来ません。余命が宣告されているのに、とても元気に尊命したり、まだまだ大丈夫だと言われていた人でも、次の日急に様態が悪化して、帰らぬ人になってしまったと言う話は、珍しい話ではありません。
ですから、その人の最期に間に合わず、お通夜やお葬式などにも伺えない、そんなタイミングの悪い親族や会社の同僚なども少なからずとも必ず存在します。そんな時は、まずはお悔やみの気持ちを相手に伝えるのがマナーと言う物です。亡くなった命をお知らせする連絡は誰かしらから必ず入りますから、葬儀の日時や場所、時間を確認して、弔電を打つ様に心掛けましょう。香典はいつでも良いはずです。それより大事な事です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP