急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電はインターネットで申し込めます

弔電はインターネットで申し込めます

大切な人の訃報が届いたけれど、遠方に住んでいたり、さまざまな事情から葬儀に参列できないときは、お悔やみの気持ちを込めて弔電を送りましょう。
インターネットが普及した今は、インターネットで24時間いつでも電報を申し込むことができます。もちろん、弔電にも対応していますので、訃報が届いたら早めに申し込むと安心です。ちなみに、シンプルな台紙をはじめとして、美しい刺繍が印象的な台紙や袱紗付台紙など、弔電の台紙は種類豊富に取り揃えられています。そのため、故人のイメージなどに合わせて選ぶことができます。また、文例もたくさん用意されていますので、もしも故人への気持ちを言葉にするのが難しい場合は、自分の気持ちに近い文例を選んで利用することも可能です。
初めて電報を申し込む人でも安心して利用できますので、大切な人の訃報が届いたときは気軽に利用してみるとよいでしょう。


弔電は何処に申し込んだらいいの

弔電を申し込みたい場合何処にお願いしたら良いのでしょうか。
NTTや郵便局・インターネットの弔電サービスと言う物がございまして、
そちらで申し込む事が可能になっています。
お急ぎの方や相談したい事が有る方はNTTの115番に電話をおかけになる事をおすすめ致します。
こちらは夜の7時までのお申込みですと全国当日中の配達をして下さいますし、
メッセージにお悩みの方ですとオペレーターの方が臨機応変の対応を行ってくれます。
お時間に余裕のない方ですとインターネットの弔電サービスをご利用される事がおすすめとなります。
こちらは24時間何時でもお申し込みが出来ますし、
WEBフォームからのお申込みとなり登録をした情報については完成イメージとして表示されます。
その為どの様な物が届くのかを確認して作業を進める事が可能となっています。


ビジネス向けの弔電なら一般的な台紙を選ぶ

電報は、個別に送ることもあれば、ビジネスとして送ることもあります。
個別に送る場合は、その人との関係からそれなりに砕けた送り方をすることもできます。しかし、ビジネス向けの場合は、あまり砕けるのが良くない場合もあります。取引先の関係者が亡くなったときに、弔電を送る場合があります。この時に台紙をどんなものにするか悩むかもしれません。ネットなどであれば、台紙を選択することが可能です。シンプルなタイプもあれば、かなり豪華なタイプも用意されています。お世話になった取引先だと、豪華なタイプを用意しようとするかもしれません。
でも、もらった方からすると、あまり豪華すぎると困る場合もあります。豪華なタイプは、より親しい人同士がやり取りするタイプになります。ビジネスであれば、シンプルな台紙で十分でしょう。シンプルなものの中から高いものを選ぶこともあります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP