急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電を送るときの基本的なマナー

弔電を送るときの基本的なマナー

仕事の都合などでお葬式に参列できないときは、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送ります。
不幸の知らせは突然やってきますので、慌てずにスムーズに手配できるように基本的なマナーを覚えておくと良いでしょう。
弔電を送る際は、葬儀が行われる斎場や宛先を事前に確認しておく必要があります。
できるだけ告別式の前日に届くように、葬儀が執り行われる斎場に送るのが一般的です。
遅くとも告別式が始まる一時間前までには届くようにしましょう。
弔電は故人を悼む気持ちだけでなく、残されたご遺族のことを労わる気持ちを伝える電報です。
マナー違反にならないよう細心の注意が必要です。
忌み言葉などお葬式ではタブーとされる言葉は使用しないようにしましょう。
最近ではインターネットから送れる電報サービスもあるので、時間に余裕のない方にはおすすめです。
即日配達してくれるサービスもあります。



弔電を送る時のマナーを知っておこう

不幸の知らせを受けた時に、お葬式に参列できないタイミングも中にはあります。
その場合はお悔やみの気持ちを伝える為の弔電を送る事が一般的とされていますが、どのような内容を書けばよいのか分からない、と言う方も多いでしょう。
弔電は基本的に自由に書く事が出来ますが、書き方のマナーが必要になってきます。
例えば故人の名前を記載するのでなく、敬意や尊敬の念を込める意味でも敬称で表現するようにしましょう。
また、忌み言葉は避ける、と言う事も重要です。
重ね重ねやたびたび、などは使用してしまいがちなので注意しておきましょう。
また、宗派によって使用する言葉も変わってくるので、事前に宗派を聞いておく事も大切です。
インターネットを利用すると例文を掲載しているサイトも多いので参考にしておくと良いでしょう。
その他にも送る時期や申し込み方も調べておくようにしましょう。



弔電を送る際の基本は目立ってはならないこと

弔電はお葬式に出られない人が弔意を示すための送る電報となります。
この電報は祝電と同様に文章を書いた紙に付属して台紙がついてきています。
この台紙にはいろんな種類が販売されていて、文章の代金そのものと台紙の料金が合算して販売されます。
なおその台紙は祝電のようにぬいぐるみやオルゴールなど音が出たりする目立ちやすい種類は販売されていません。
この弔電を送る際の基本は自分が目立たないように気を付けなければなりません。
目立ちすぎないように気を付けるための行動の1つはあまりに長い文章を長々と書かない、故人との回顧話などを長々と綴らないなどとなります。
つまりありきたりですが定型文みたいな簡潔な文章で済ましておくこととなります。
この弔電を送る際はたいていはお葬式会場となりますが、もし送るならば告別式の開始までに間に合うようにしておかないとなりません。
またこれを送るということはお葬式の会場で司会者に読まれることを前提に考えた文章にしておかねばなりません。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP