急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電を送る時期と注意しておくべき点

弔電を送る時期と注意しておくべき点

葬式に参列することができない際に、お悔やみの気持ちを伝えるための方法として昔から利用されているのが弔電です。
日頃弔電はもちろん電報も送る機会がないという人が大半であり、いざ送るとなればマナーがわからず頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
しかし葬式に参列できない代わりに送るものだからこそ、マナーを知らなかったでは済まされないということも頭に置いておかなくてはなりません。
まず第一に気をつけておかなくてはならないのが、いつ送るのかというタイミングです。
通夜に間に合うように送ることができればそれに越したことはありませんが、葬儀は急遽執り行われるものであり通夜には間に合わないということも珍しくはありません。
その際にも、告別式には間に合わせるようにしましょう。
遅くても一時間前に届けるのがマナーです。



弔電を送るケースと注意すべき点

現在日本ではメールや電話など気軽にすぐ連絡を取ることができる方法が豊富にあるので、電報を利用する機会は滅多にないのではないでしょうか。
しかしそんな今の時代でも葬儀の際には弔電を利用することは珍しくはありません。
葬儀に参列することができない場合で、お悔やみの気持ちを伝えたい時に使うものとなっていますが葬儀に参列できないということから弔電を送ったにもかかわらず、急遽参列することができるようになるということもあるのではないでしょうか。
その際には葬儀に参列しても全く問題ではありません。
弔電は葬儀に参列できない時に送るものですが、手配した後でも参列できるとわかった時には参列するようにしておきましょう。
メッセージ内容に忌み言葉を使わないようにするということや、宛名を間違えないようにするなど基本的なマナーには注意しなくてはなりません。



弔電のマナーとメッセージ内容とは

現在日本では電報を使うことはほとんどなくなりましたが、そんな中でも冠婚葬祭など改まったシーンで利用することになるケースはあります。
その一つに弔電があります。
葬儀に参列することができず、お悔やみの気持ちを伝えたい時に使いますが、その際にはマナーには十分気をつけなくてはなりません。
メッセージ内容として忌み言葉を使わないようにするという基本的なマナーは必ず守るようにしましょう。
しかし、中には初めて送るのでわからないという人もいます。
その際には業者で準備されている文例を引用するようにしておけば、メッセージ内容でマナー違反になってしまう恐れはありません。
ですが文例をそのまま使うだけでは、味気のない内容になってしまい心がこもっていないと感じる人もいるので、一言自分なりの言葉でメッセージを添えておくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP