急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電を送る際に利用したい電報のオンラインサービス

弔電を送る際に利用したい電報のオンラインサービス

 遠方に住んでいる知人やお世話になった人の葬儀にどうしても参列することができないとき、お悔やみの言葉をきちんと届けるために、弔電を送ると良いでしょう。
ただ、訃報は突然届くときもありますので、当日に届くようにできるだけ早めに準備しておくことが大切です。
弔電を送る依頼をする際は、電話の電報サービスを利用する人が多いですが、今はインターネットのオンラインサービスからでも利用できます。
台紙の種類や文言などもさまざまな種類が用意されているのはもちろん、自分の言葉で送ることもできますので、故人との生前の付き合いや関係性から選ぶことができます。
送る手続きはオンライン上から簡単にできますし、その電報のオンラインサービスによってさまざまなオプションが用意されているところもあります。
心をこめたお悔やみの言葉をしっかり届けたいとき、弔電は確かな方法のひとつなので、上手に活用しましょう。



 弔電の文章は文例集を活用するとよい

慣習の中には、これはした方がいい、これはしない方が良いとされる決まりごとがあります。
した方が良いことは必ずしもする必要はありません。
しかし、しない方が良いとされることはしてはいけません。
知らないと気付かないうちにしてしまうことがあります。
弔電を送るとき、文章をどうするか迷うかもしれません。
故人の関係者として送るケースが多くなるでしょうが、実際に送る相手は喪主になります。
面識がないこともあり、あまり故人への気持ちを伝えすぎるのも良くありません。
まずは形式を整える必要があります。
人によって気になることもあるでしょうが、文例集を参考にすることを考えましょう。
サービスを提供する会社では、いくつかの文例を載せてくれています。
そのままでも送ることが出来ますし、すべてオリジナル、また、文例集の内容を少しアレンジして送ることも可能です。



 いまだに現役で使われ続けている弔電

弔電というのは、お葬式の際に送るお悔やみの電報のことです。
葬儀に参列できない人が打つものであって、昔から使われ続けている物です。
今の時代は電報以外にもメッセージを送る方法はいくつもあるのですが、伝統として電報が未だに使われています。
むしろお葬式の際には他の手段でメッセージを送ることはマナー違反だと考えられる場合もあります。
弔電を送りたいときには、115に電話をします。
どういった文面を送付するのかを尋ねられるので、あらかじめ文面はしっかりと考えておく必要があります。
さらに、台紙をどうするかも聞かれるので、ネットでどのようなものがあるのが調べておくといいでしょう。
台紙ごとに値段が違ってきますし、中には高いものもあるので注意です。
ですが、一般的には数千円で弔電は送ることができるので心配はしなくても大丈夫でしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP