急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 弔電を送る際のマナー

弔電を送る際のマナー

 現在日本は連絡を取るための通信機器は数多く存在しており、電話やメールをはじめとし連絡を取りたい時にすぐに相手に連絡をすることができるようになりました。そのことから、電報が使われる機会もかなり少なくなり滅多に送る機会はありません。
 しかし、現在でも冠婚葬祭時には電報を送ることがあり、改まった気持ちを伝えたいシーンでより相手に気持ちが伝わりやすいという利点があります。
 どのシーンでもそれぞれにマナーがありますが、その中でも気をつけておかなくてはならないのが葬儀の際に送る弔電のマナーです。何らかの理由があり葬儀に参列することができない時に送るものであり、参列する時には送る必要がないことは勿論のこと、送るタイミングにも注意しておきましょう。


 通夜や告別式に間に合うように送らなくてはならないので、悲報が届いた際にはすぐに手配する必要があります。
 一口に電報を扱っている業者とは行っても、業者によって料金や申し込むことができるタイミングなど異なる点は多数あるので、信頼できて迅速な対応をしてくれる業者を選ぶようにしておくことが大切です。
 手配が間に合わなかった場合で、通夜や告別式に遅れて到着してしまう場合には弔電を送ることはかえって失礼に当たってしまうので、送るべきとはいえません。故人の名前や言葉には十分注意しておき、失礼にならないようにしておきましょう。
 業者によっては、例文を用意しているところもありますが、そのまま送ると形式的になってしまい心がこもっていないという印象にもなりかねないので、少し内容を変えるなど工夫しておく心遣いも必要です。


 近年の電報は、文字を送るだけではなくともにギフトを贈ることができるものが大半であり、お悔やみ電報である弔電の場合にもギフトを一緒に贈ることも可能となっています。
 その際には、贈るものにも注意しておくべきです。文字を送るだけよりも、ギフトがあったほうが気持ちが伝わると考える人も多く、良かれと考えてギフトも送りがちですがあまり大きなものを贈ると場所に困らせてしまったり、忙しい葬儀の中で対応が大変だという遺族も少なくはありません。勿論気持ちは大切ですが、贈る際には一言告げておき確認しておくようにしましょう。
 電報を送る時には、信頼できる業者を選び本当に時間に間に合わせてくれるのかということや、文字に間違いはないのかなど確認は欠かせないということを頭に置いておき選ぶべきです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP