急なお悔みに 弔電を送れる通販会社を比較形式でご紹介

HOME > 弔電の豆知識 > 最近は様々な種類の台紙がある弔電

最近は様々な種類の台紙がある弔電

 親しい知人などが亡くなったときに都合によっては葬儀に参列できないこともあるかもしれません。そんなときにお悔やみの気持ちを伝えるには弔電という方法があります。
 弔電は人が亡くなったときにお悔やみの気持ちを伝えるための電報です。また、亡くなったことを知らずに喪中のはがきが届き、そのときになってわかった場合でも、電報を送ることで気持ちを伝えることは可能です。
 すぐに気持ちを伝えたい場合は電話で直接伝えることもできますが、悲しみの中にいる遺族にかえって気を使わせてしまうことになることもあります。その点、電報なら直接言葉をかわすことはないので、お悔やみを述べるのには向いているともいえるでしょう。


 電報を送るには電話やインターネットなどから申し込みます。
 電話は朝8時頃から夜は10時頃まで受け付けていますが、インターネットであれば24時間申し込みが可能です。配達は午前8時から午後7時までしてもらえます。送り先は自宅か斎場になりますが、葬儀の日時がわかっていればその時間の前に届くようにしてもらうこともできます。
 最近の電報は、押し花や刺繍など様々な台紙が用意されています。弔意用のものもあり豊富な種類の中から選ぶことができます。また弔意を表すのにふさわしいお花を使ったプリザーブドフラワーやお線香などを電報と一緒に送ることもできます。いろいろな種類から選ぶには、写真なども掲載されていてイメージもわかるので、インターネットで申し込むほうが良いかもしれません。
 電文は申し込みのサイトにも文例があるので、それを参考にしながら気持ちを表す言葉を使うと良いでしょう。電文を考えるときには、故人の呼び名は必ず敬称を用いることだけは注意する必要があります。


 弔電を送る際の料金の基本は、電報の台紙の料金にメッセージ料金を加えたものとなっています。メッセージ料金とは電報料金のことで、メッセージの文字数が増えれば料金が上乗せされます。台紙も種類によって料金が違います。押し花や刺繍を施したものなどは少し料金もかさむようです。
 またお線香など高い金額のものもあります。電報といえば昔は電報の用紙1枚が送られてくるというイメージでした。
 しかし最近はお花やお線香などの商品も一緒に送ることができるので、大きさや重さがあるものも多くなっています。そのため、電報とはいってもお悔やみの品物を送ることとあまり大差がなくなってもいるようです。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP